STORY 02

日本発の内視鏡AIを
世界へ、未来へ。

RYOYOは2019年9月、内視鏡の画像診断AIソフトウェアを開発するベンチャー企業、AIメディカルサービスとの資本提携を発表。AIを活用した高精度がん診断システムの実現に向け、RYOYO はその技術とネットワークを活かし重要な役割を果たしています。プロジェクトを主導するソリューション事業部の2人に話を聞きました。

PROFILE (2020年 取材当時)

  • 青木 良行
    • ソリューション事業本部
    • 副事業本部長
    • 青木 良行
    • (1996年入社)
  • 井阪 大
    • ソリューション事業本部
    • ソリューション第五ビジネスユニット
      営業第二グループ グループリーダー
    • 井阪 大
    • (2006年入社)
Q1.

プロジェクトがはじまった経緯と、
概要を教えてくださいプロジェクトが
はじまった経緯と、
概要を教えてください

「医療×AI」への挑戦

青木 良行
青木

私たちは以前から、世界トップクラスの半導体メーカーであるNVIDIAの一次代理店として、画像処理用のGPU(半導体チップ)を取り扱っていました。もともとはゲームなどに使用されるGPUでしたが、2014年頃からディープラーニングなどAIへの活用が図られはじめたのに合わせ、当社でも画像認識をはじめとするAI領域に注力するようになりました。そして、AIがこれからどういった分野で活躍するようになっていくのか、市場調査や社内での議論を重ね、「医療×AI」の分野に注目するようになったのです。AIメディカルサービス様との内視鏡AI開発プロジェクトも、この流れのなかでスタートしました。

井阪 大
井阪

内視鏡AIについて簡単に説明すると、内視鏡の映像をAIが解析し、病変をモニタ上へリアルタイムに表示することでがんの見逃しを防止する、画像認識技術を活用した診断支援システムです。そのなかでRYOYOが提供しているのが、NVIDIA製のGPUと日本HP社製のワークステーション(高性能コンピュータ)です。双方の一次代理店であるという強み、そしてこれまでの医療業界での導入経験を活かして、開発支援とハードウェア選定を行いました。

青木 良行
青木

もともと当社は、医療業界での豊富な実績を持っていました。CTやMRIなど、従来の画像診断装置に組み込まれる製品の選定・提供を数多く手がけており、そのなかで、GPUの重要性についてもしっかり認識していたのです。医療業界ならではの厳しい法規制や、高い要望に応えるための知識・経験・ネットワークをこれまでのビジネスで培ってきました。「医療×AI」という未知の領域でも、当社がこれまで蓄積したノウハウが活かせると判断したのです。

Q2.

プロジェクトの流れを教えてくださいプロジェクトの流れを
教えてください

お客様の要望・期待を超えていく。

井阪 大
井阪

まずは要件定義(ニーズの明確化)や開発スケジュール、要望事項の細かいヒアリングからスタートしました。AIメディカルサービス様が重要視していたのが、高度な製品性能に加えて、「長期供給」と「病院での保守体制」。同じモデルを継続して使いたい、そして現場で何か不具合があった時にはすぐに対応してほしい、という点でした。RYOYOが一次代理店として取り扱うNVIDIAのGPU、日本HPのワークステーションなら要望をすべてクリアできるということで、競合コンペを経て、RYOYOが開発支援を行うことが決定しました。その後、開発のなかで挙がってくる要望に合わせて、製品スペックの改良を行ったり、その都度最適な製品を提供したりと、さまざまな形での支援を実施しました。

青木 良行
青木

これまで、国内の医療分野でNVIDIA製品を提供したそのほとんどが、私たちの仕事です。その豊富な実績が、AIメディカルサービス様の信頼をいただけた要因の一つだったのではないかと思います。それから実は、私も井阪も理系学部出身で、営業という立場でありながら技術的な知識に精通していたことも大きいですね。

井阪 大
井阪

私たちの存在意義は、ただ商材を仕入れて売ることにはありません。それなら、お客様が直接仕入れることもできますからね。内視鏡AIがどのような仕組みで、私たちが提供する製品にはどのようなスペックが必要か。考えうるトラブルは何で、そのためにどのような調整や改良を行うべきか。そうしたまさに「技術サポート」を通じてお客様のビジネスを後押しできることが、RYOYOの大きな価値だと思います。

Q3.

プロジェクトのなかで、
どのような点に苦労しましたかプロジェクトのなかで、
どのような点に
苦労しましたか

小さなミスが命取りになる。

井阪 大
井阪

がん診断は人の命に直接関わる技術ですから、私たちが提供する製品にも当然、非常に高い品質が求められます。医療以外の分野ならそれほど気にされないような、GPUの小さなキズや汚れすらも、画像診断の精度に影響してくる恐れがあるため、細心の注意を払いながらプロジェクトを進めていく必要がありました。もしこちら側でそうしたトラブルが発生しても、AIメディカルサービス様のプロジェクトは計画通りに進んでいきます。起こりうるトラブルを事前に察知・先回りしながら、プロジェクトをリードしていく必要があったので、その点は苦労しました。

青木 良行
青木

あとは、医療業界自体への参入障壁が高く、新たに取引を始めること自体が難しいケースもあります。失敗が許されない医療の領域で、まったく新しい技術を取り入れるということは、病院や医療メーカーにとっても非常にハードルが高いことなのです。

井阪 大
井阪

医療業界特有の話でいうと、薬機法をはじめ各法規制などにも苦労しましたね。会社としての実績はあったものの、私は医療分野のプロジェクトに携わるのは初めてだったので、そのあたりの専門知識を覚えていくのも大変でした。

青木 良行
青木

いろいろと課題はありましたが、一つひとつ乗り越えていき、この内視鏡AIはすでに実用間近のところまで来ています。

Q4.

プロジェクトの今後の
展望を教えてください

日本発の内視鏡AIを世界へ。

井阪 大
井阪

ここ数年で、臨床(診察・治療)の現場でのAI活用は大きく進んでいます。最近だと新型コロナウイルスの影響もあり、大量の患者さんに対していかに正確な診断を行うか、というのは医療業界全体の大きな課題の一つです。AI活用に関して、以前は一部の医師から「自分の仕事が奪われるのでは」という不安の声も聞こえてきましたが、最近では前向きにAIの力を取り込んでいく風潮が強まっていると感じています。医療現場におけるAI活用の土壌が出来てきたなかで、私たちが関わるこの内視鏡AIも、より多くの医師や患者さんのために広めていけると信じています。

青木 良行
青木

国内だけではなく、海外にもこの技術を広げていきたいですね。日本の内視鏡医療技術は、世界でもトップクラスと言われています。私たちは、全世界に商材を供給したり、海外でも24時間対応の保守体制を築いていたりと、グローバルビジネスをサポートする体制もしっかり整っているので、ぜひこれから、日本発のAI技術として、世界中へとプロジェクトを展開できたらと考えています。

まとめ

企業の実績は信頼とチャンスにつながります。菱洋エレクトロは、実績に基づく大きな信頼をけっして損なうことのないように、お客様のビジネスを後押しするための綿密なサポートや、お客様の業界の勉強を欠かしません。近い将来、「医療×AI」というアプローチで日本の医療に一石を投じ、そしていつかは日本発・世界のRYOYOとして活躍するビジョンを明確に描く社員の姿がありました。

< PROJECT 01
TOP