菱洋エレクトロ株式会社

Change, Challenge, Speed









ホーム > IR(投資家情報) > 投資家の皆様へ

IR(投資家情報)

投資家の皆様へ
投資家の皆様へ
本ページにおいて当社グループにおける「業績の概況」ならびに「今後の取り組み」につきましてご説明申しあげます。

2018年1月期の概況

   当連結会計年度(平成29年2月1日~平成30年1月31日)における国内経済は、依然として地政学リスクの懸念こそ残るものの、米国や欧州を中心とした安定的な景気拡大にも支えられ、企業収益が改善するとともに、設備投資や雇用環境にも持ち直しの動きが見られました。

 

   当社グループの属するエレクトロニクス業界は、産業分野の回復を中心に幅広い分野で半導体需要が旺盛となったほか、企業のIoT(Internet of Things)分野への投資は引き続き活発に推移しており、AIやDeep Learningの実用化に向けた期待感も日増しに高まりつつあります。

 

   このような環境の中で当社グループは、成長戦略に位置付けるIoT分野に向けた取り組みを一層強化してまいりました。しかし、半導体メーカーの政策変更や主要顧客における生産調整の影響を受けた半導体/デバイスの売上高が減少したほか、IoT分野への取り組みの1つである通信ネットワーク関連事業の計画を見直したことにより在庫評価損を計上いたしました。

 

   以上の結果、当連結会計年度の売上高は922億34百万円(前期比6.3%減)、営業利益は2億51百万円(前期比81.7%減)、経常利益は4億32百万円(前期比72.0%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は2億12百万円(前期比74.1%減)となりました。

今後の取り組み

   当社グループは、創立以来の経営理念である『時代に即して存在価値を深める』の下、「Change,Challenge,Speed」を行動指針として掲げ、「“全てがつながるスマート社会”に感動を与えるソリューションパートナーになる」というビジョン実現に向けた各種施策を展開しております。

 

   なかでも、半導体ビジネスを展開するデバイス分野とICTビジネスを展開するサービス分野をネットワークで繋ぎ、“デバイス~ネットワーク~サービス”を一気通貫でサポートする新しいビジネスモデルを構築することで、近年急速に広がりをみせる「IoT」「M2M」といった新たな時代の中で企業価値を高め、持続的に成長できるよう努めてまいります。

 

菱洋エレクトロ株式会社

代表取締役会長

代表取締役社長 

小川  贒八郎

中村  守孝 

    
ページトップヘ