RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

業績予想の修正に関するお知らせ

PDFファイルはこちらからご覧ください。(134KB:PDF)

最近の業績動向を踏まえ、平成30年3月12日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。
 


 

● 業績予想の修正について

平成31年1月期 第2四半期(累計)連結業績予想の修正(平成30年2月1日~平成30年7月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する
四半期純利益
1株当たり
四半期純利益
 
前回発表予想(A)
百万円
47,000
百万円
500

百万円
600

百万円
400
円  銭
16.32
今回修正予想(B) 45,000 790 890 610 24.88

増減額(B-A)

▲2,000 290 290 210  
増減額(%) ▲4.3% 58.0% 48.3% 52.5%  
(ご参考) 前期実績
(平成29年1月期)
46,049 689 824 575 23.47

 

平成31年1月期 通期連結業績予想の修正(平成30年2月1日~平成31年1月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する
当期純利益
1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
93,000
百万円
1,000

百万円
1,200

百万円
800
円 銭
32.64
今回修正予想(B) 93,000 1,200 1,400 960 39.16

増減額(B-A)

200 200 160  
増減額(%) 20.0% 16.7% 20.0%  
(ご参考) 前期実績
(平成29年1月期)
92,234 689 824 575 8.68

 

修正の理由

平成31年1月期第2四半期連結累計期間の業績につきましては、サーバーやワークステーションなどのITハードウェア製品の販売が減少したことに加え、デジタル家電向け半導体ビジネスが低調に推移したことから、売上高は当初予想を下回る見通しとなりましたが、高採算ビジネスの拡大等による売上総利益率の伸長により、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益はそれぞれ当初予想を上回る見通しとなりました。

また、平成31年1月期通期の業績につきましては、大型案件の立ち上がりを見込んでいることから売上高については期初予想を据え置き、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、第2四半期連結累計期間における当初予想からの上振れ分を予想に反映いたしました。

 

※ 上記の予想は、現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しであり、リスクや不確実性を含んでおります。
  実際の業績は様々な要因によりこれら業績予想とは異なる結果となり得ることをご承知おき下さい。

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ