RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

菱洋エレクトロとアイ・オー・データ機器が開発したゲートウェイ採用。九州電力と福岡市が共同で福岡市全域の小学生8.5万人を対象にした見守りサービス開始

PDFはこちらからご覧ください。(967KB:PDF)

菱洋エレクトロがゲートウェイの開発を手がけた、九州電力株式会社(本店:福岡県福岡市、代表取締役社長執行役員:池辺 和弘、以下「九州電力」)の見守りサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」が、福岡県福岡市内の小学生を対象に開始されました。

 

【九州電力が提供する見守りサービス「Qottaby」】

九州電力は、豊かな地域社会や子どもたちの未来のために、エネルギーだけでなく、様々な事業にも取り組んでおり、2018年9月からIoTを活用した見守りサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」を提供しています。また、福岡市では子どもの安全を確保し、安全で安心な街づくりを推進するため、「IoT による子ども見守り事業」として九州電力の見守りサービス「Qottaby」のシステムを活用して福岡市全域に見守りシステムの環境を整備することとしています。本事業では、本年10月から2021年度内を目途に福岡市内の全小学校に順次サービスが導入される計画です。

 

【Qottabyが利用する見守りサービス基盤】

「地域で見守る」をコンセプトとして、IoTを活用した新しい見守りサービス基盤です。本基盤を利用することで、ビーコン(電波発信機)を搭載した専用見守り端末の位置情報を、スマートフォンやパソコンで確認できるサービスを提供できます。

学校やお店、電柱などに設置した基本の見守り環境(固定見守りスポット)に加えて、地域住民が専用アプリをインストールすることで動く見守りスポット(見守り人)として、見守り端末を携帯した子どもや高齢者とすれ違った際に位置情報を記録できるため、サステイナブルな見守り環境を実現します。

専用見守り端末は、GPS端末と比較して低コストかつ電池寿命が長いため、手軽にお使いいただくことができます。また、固定見守りスポットによる位置情報の収集はGPSによる位置情報に比べて環境に左右されないため、安定して精度の高い位置情報取得を実現しています。

このサービス基盤は、株式会社otta(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:山本 文和、以下「otta」)が開発したものであり、固定見守りスポットを実現するゲートウェイの開発において、かねてよりビジネスパートナーである株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:濵田 尚則)と菱洋エレクトロは共同で携わりました。

 

【otta 見守りサービス基盤の特徴】

  • 多くの人が手軽に使える見守りサービスを実現
  • 地域の協力により進化するサステイナブルな見守りネットワーク
  • 利用環境に左右されず、安定した精度の高い位置情報を取得可能

<見守りサービス基盤の概要>

 

【今後の展望】

児童を狙った犯罪は年々増加傾向にあり、特に登下校時や塾への往復中を狙う犯罪が多くを占めているといわれています。今後も菱洋エレクトロは、様々な地域情報の流通基盤となるサービス開発を行い、地域の安全を守るために地域と深く関わりを持つ企業や電力会社、自治体などと連携し、より安心・安全な地域社会づくりに貢献していきます。

 

【株式会社otta 代表取締役社長 山本文和氏のコメント】

菱洋エレクトロ様と共同開発したゲートウェイを利用した、弊社見守りサービス基盤をベースとした見守りサービス「Qottaby」が福岡市全域を対象として展開されること嬉しく思っております。近年、共働き世帯の増加などにより地域社会の構造が急速に変化し、保護者の皆様が従来の見守り活動を維持することが難しくなってきています。

弊社は IoT テクノロジーの活用により、現在の地域社会構造でも実現できる新しい見守りの在り方を創り上げたいと考えております。今後も安心な街づくりのパートナー企業としてご信頼いただけるよう、サービス向上に努めてまいります。

 

九州電力株式会社について https://www.kyuden.co.jp/

豊かな地域社会や子どもたちの未来のために、エネルギーだけでなく、様々な事業にも取り組んでいます。子どもの安全を確保し、安全で安心なまちづくりを推進するため、IoTを活用した見守りサービス「Qottaby」に取り組むとともに、地域の発展、ひいては社会全体の課題解決に繋がる新たな価値の創造を通じて、九電グループ経営ビジョン2030で掲げる「九州から未来を創る九電グループ」の実現を目指しています。

 

株式会社ottaについて  https://www.otta.me/

IoT技術を活用し、低コストでの地域による見守りサービスを実現する「スマート見守りシティ構想」の実現に向けた実証実験及びサービスの提供を、様々な地域で行っています。ビーコン信号を発する専用見守り端末サービスを提供しており、またそこで利用する位置情報通知システムに関するビジネスモデル特許を取得済みです(特許番号:特許第5891468号)。IoTを活用した見守りサービスのパイオニア企業として、人々の安全・安心な暮らしに貢献すべく、積極的に取り組んでいます。

 

株式会社アイ・オー・データ機器について  https://www.iodata.jp/

PC、デジタル機器の周辺機器を開発・製造・販売しているファブレス精密機器メーカーとして、40年以上にわたり培ってきた技術と、時代を見据えた商品展開により多様なニーズに応え続けています。お客様の声に耳を傾け、機能性やユーザビリティ、デザインを追求し、より快適なデジタルライフの実現に貢献します。

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ