RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

安定した高速通信が可能な無線バックホール技術とアクセス性能を実現
屋内・屋外でも柔軟にワイドな無線LAN環境の構築が可能な新しいアクセスポイント

QX-C300シリーズは、無線バックホール方式により、無線LANアクセスポイント同士を無線で連携するので、増設の際に有線LANが不要。

安定した高速接続が可能で、セキュリティー性能にも優れているほか、少ない工事費で無線LANアクセスポイントを増設し通信サービスの提供エリアを拡大できます。

場所を特定せずフレキシブルに設置できるので、高品位な通信環境を手軽に整備することが可能です。

 

特徴

1. 無線バックホール方式で設置が簡単
アクセスポイント間の接続を無線電波で中継することによりLAN配線工事が不要。
工事費用の削減はもちろん、配線敷設が困難で諦めてた場所への導入が可能に。

2. 多段ホップ&高速接続
マルチチャネル無線制御で、最大20台アクセスポイントのホップを重ねても、スループットの減衰が少ない高速接続を実現。

3. IP66準拠防水・防塵設計
無線バックホールが有効活用される屋外設置に最適なハードウェア設計。
動作温度      -20℃~50℃
耐風速性能  最大60m/秒
※ 無風状態に限ります。
  尚、低温環境下(-20℃~0℃)で起動する場合は、通電した状態で2時間以上放置してから再起動してください。

     -20℃以下の環境下でご利用の場合は、お取扱店にご相談ください。

 

 

 

関連リンク

シャープ製無線LANに関する情報は下記のリンクよりご覧いただけます。

> シャープ製無線LANアクセスポイント< QX-C300シリーズ >
> 製品情報 > 製品特徴
> 仕様表 > 周辺機器
> 保守メニュー > パートナー情報
> ユーザー事例 > ユーザー事例|港湾(コンテナヤード)事業者
> ユーザー事例|製造工場 > ユーザー事例|神社仏閣
> ユーザー事例|アミューズメント施設 > 屋外設置について

> ライセンスについてはシャープ社サイトでご紹介しております。
> よくある質問についてはシャープ社サイトでご確認ください。

『SHARP QX-C300  WHITE PAPER』のご案内
>「多段バックホール環境におけるチャネルデザインのポイント」について

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ