RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

市場

 流通・小売、社内インフラ、土木・建築

分野

 セキュリティ、遠隔監視、防災

概要 

施設内のセキュリティ向上を目的として、監視カメラの設置を検討。

立地の関係で有線ケーブルの引き回しが困難な状況であったが、QX-C300によるバックホール接続によりカメラ映像の無線ネットワークを構築できた。

 

課題・ニーズ

広大な敷地のため、有線で社内ネットワークを構築することが困難な状況だった。

 

導入効果 

遠距離の2点間をバックホール接続により無線LANエリアを拡張することができた。

 

システム概要 

※ 4.9GHz帯の運用には、第三級陸上特殊無線技士以上の免許が必要です。
 長距離無線バックホール接続においては、平面アンテナQB-A300Hを対向で使用します。
 湾岸部での設置時には機器を耐候ボックスに入れる等塩害対策が必要です。

 

関連リンク

シャープ製無線LANに関する情報は下記のリンクよりご覧いただけます。

> シャープ製無線LANアクセスポイント< QX-C300シリーズ >
> 製品情報 > 製品特徴
> 仕様表 > 周辺機器
> 保守メニュー > パートナー情報
> ユーザー事例 > ユーザー事例|港湾(コンテナヤード)事業者
> ユーザー事例|製造工場 > ユーザー事例|神社仏閣
> ユーザー事例|アミューズメント施設 > 屋外設置について

> ライセンスについてはシャープ社サイトでご紹介しております。
> よくある質問についてはシャープ社サイトでご確認ください。

『SHARP QX-C300  WHITE PAPER』のご案内
>「多段バックホール環境におけるチャネルデザインのポイント」について

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ