RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

主な仕様

項    目 形    名

QX-C300

QX-C300H

QX-C300J

QX-C300JH

 

線 

  準拠規格   IEEE802.11 b / g / a / n / ac 準拠
  2.4GHz / 5GHzの同時運用

  リンク速度

  (理論最大値)※1

  802.11b : 11Mbps

  802.11g : 54Mbps

  802.11a : 54Mbps

  802.11n : 450Mbps

  802.11ac : 1.3Gbps

  DFS機能   〇
  内蔵アンテナ   3×3 MIMO
  ビームフォーミング   〇

  準拠規格

  IEEE802.11  ac 準拠

  (W52 / W53 / W56)

  ―

  IEEE802.11 j 準拠

  (4.9GHz帯)※2

  リンク速度

  (理論最大値)

 802.11ac : 1.3Gbps

 802.11ac : 1.3Gbps

 802.11 j (4.9GHz帯):600Mbps

  DFS機能   〇

 外部

 アンテナ
 (別売)

 

  3×3 MIMO

  指向性アンテナ
    ・ストレート型

    ・L字型

  〇   〇注   〇   〇注

  無指向性アンテナ

    ・ストレート型

    ・L字型

  〇   〇注   〇   〇注

  平面アンテナ

    ・長距離伝送用

     ※3

  ―   〇   ―   〇
  ※ 注

 QX-C300H / QX-C300JHでは、平面型アンテナに合わせた出力

 調整を行っている為、本体出力を抑えた仕様となっております。
 指向性アンテナ / 無指向性アンテナをご利用時は、本体出力が
 制限される為、QX-C300 / QX-C300Jと比較して通信距離が短
 くなります。

 

  無線バックホール機能

   (理論最大値)

  最大ホップ数 : 20 、 最大分岐数 : 20 、

  メッシュあたりのAP数 : 50 、

  メッシュあたりの端末接続数 : 6300 ※8

  ビームフォーミング  

   〇
  暗号化方式   独自方式

 

線 

 

 

  LANポート   1000BASE-T
  ポート数   2ポート(Uplink × 1,Downlink × 1)
  端末接続数   最大126台 (2.4GHz : 63個, 5GHz : 63台)※8
  QoS   IEEE802.11 e   WMM EDCA AC_BE / AC_BK / AC_VI / AC_VO を設定可
  SSID   マルチSSID   最大16個 (2.4GHz : 8個, 5GHz : 8個)※8
  ステルス   SSID毎に設定可
  VLAN

  SSID毎に設定可 /

  IEEE802.1Q 対応(タグVLAN)

  認証 / 暗号化方式

  SSID毎に

  Open,WEP,WPA / WPA2mixed-PSK,WPA2-PSK,

  WPA / WPA2mixed-EAP(802.1X),WPA2-EAP(802.1X)

  設定可

  MACアクセス制御   アクセスポイント単位で最大200台 ※8
  RADIUS   SSID毎に設定可
  管理者アドレス制限   IPアドレス指定可

 

  SNMP   v1 / v2 / v3
  SNTP   〇
  syslog   〇
  設定   Web UI,無線LANソフトウェアコントローラー
  言語   日本語 / 英語
  環 境 設 計 ※4   RoHS対応


※4

  防水・防塵設計   〇 (IP66準拠)
  動作温度 ※5   -20℃ ~ 50℃
  動作湿度   10% ~ 90% (結露しないこと)
  耐風速性能   最大 60m /秒


※6

  外形寸法

  本体部    : 236 × 247 × 43mm

  突起含む : 236 × 253 × 59mm ※8

  質量   約2.1kg (本体のみ)
  盗難対策   ロック施錠用穴あり
  電    源 ※7

  DC 12V  最大5000mA

  (屋内向けACアダプターは別売オプション)

  付 属 品   取扱説明書,取付金具一式

※1  設置環境により通信速度は異なります

※2  4.9GHz帯対応モデル(QX-C300J/JH)の利用には、無線局免許が不要な登録局に該当するため、登録申請が必要となります。また、その運用には、第三級陸上特殊無線技士以上の免許が必要となります。

※3  送信できる空中線電力の規定により、平面アンテナを使用する場合、本体の電力を下げたモデル(QX-C300H/JH)をご利用いただく必要がございます。

※4  環境によっては、耐候ボックスの使用を推奨しております。

※5  動作湿度は無風状態に限ります。尚、低温環境下( -20℃ ~ 0℃ )で起動する場合は、通電した状態で2時間以上放置してから再起動してください。-20℃以下の環境下でご利用の場合は、お取り扱い店にご相談ください。

※6  外形寸法、質量にはアンテナを含みません。

※7  屋外設備用電源工事については、設置工事業者様にお問い合わせください。

※8  2016年1月  商品仕様の訂正をさせていただきました。 

 

関連リンク

シャープ製無線LANに関する情報は下記のリンクよりご覧いただけます。

> シャープ製無線LANアクセスポイント< QX-C300シリーズ >
> 製品情報 > 製品特徴
> 仕様表 > 周辺機器
> 保守メニュー > パートナー情報
> ユーザー事例 > ユーザー事例|港湾(コンテナヤード)事業者
> ユーザー事例|製造工場 > ユーザー事例|神社仏閣
> ユーザー事例|アミューズメント施設 > 屋外設置について

> ライセンスについてはシャープ社サイトでご紹介しております。
> よくある質問についてはシャープ社サイトでご確認ください。

『SHARP QX-C300  WHITE PAPER』のご案内
>「多段バックホール環境におけるチャネルデザインのポイント」について

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ