RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

Windows Server 2012 を利用するためには、サーバーの使用権である「サーバー ライセンス( Windows Server 2012 )」と、ユーザーが PC などの各種デバイスを使ってサーバーにアクセスするためのアクセス権である「クライアント アクセス ライセンス( Windows Server 2012 CAL )」の 2 種類のライセンスが必要です。
※Windows Server 2008 などの以前のバージョンのサーバー ライセンスを使って Windows Server 2012 を実行したり、Windows Server 2008 CAL などの以前のバージョンのCAL を使って Windows Server 2012 にアクセスすることはできません。また、Windows Server 2012 のサーバー ライセンスと CAL を取得している場合、以前のバージョンのWindows Server を実行し、アクセスすることが可能です。
 

サーバー ライセンス (Windows Server 2012 / 2012 R2)

サーバー ライセンスは、Windows Server 2012 のインスタンスをコンピューター上で実行するために必要なライセンスです。インスタンスは、セットアップを実行することで作成されます(※1)。サーバー ライセンスは、Windows Server 2012 のインスタンスを実行する特定のサーバー ハードウェアに割り当てる必要があります。
※1 既存のインスタンスを複製した場合も別個なインスタンスを作成したものとみなされます。また、ブレード サーバーの各ブレード、パーティションも別個の物理サーバーとみなされます。
 

クライアント アクセス ライセンス (Windows Server CAL)

Windows Server 2012 のインスタンスに直接的または間接的にアクセスするユーザーまたはデバイスごとに必要なライセンスです。デバイスには、パソコンやワークステーションだけではなく、携帯端末も含まれます。(ただし、特定の条件に当てはまるデバイスまたはユーザーを除く(※2))
 
※2CAL を取得する必要がないケースについてはこちらをご覧ください。

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ