RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

E-mail Icon

画像
青電舎 触感デバイスSIA

研究開発型のベンチャー会社

東京大学精密機械工学専攻の樋口研究室から生まれた研究開発型のベンチャー会社です。現在は主に触感デバイスSIAの事業化に向けた評価装置・デモ機の販売や、部品メーカとの共同開発に注力しています。

菱洋エレクトロはデバイスの事業化を推進し、様々なお客様へのご提案を行っています。

用途

スイッチ・キー やタッチパネル液晶 などへの触感発生装置

特徴

形状記憶合金衝撃駆動型アクチュエータ SIA

(Shape memory alloy Impact Actuator)

 

  • 通電型形状記憶合金を採用
  • インパルス状の強衝撃
  • 高速応答性
  • 簡単な構造
  • 低コスト
  • 簡便な駆動回路
  • 高信頼性
  • 感圧センサー機能
  • ゼロ変位の凹むスイッチ感

形状記憶合金衝撃駆動型アクチュエータ SIA

スマートフォンへの組み込み評価において、表示画面と連動してHAPTIC※動作を実現。

スマートフォン振動モーターに比べ、約5倍の加速度を発生。

※ HAPTIC・・・触覚の、触覚に関する、触覚から生じる

青電舎方式SIAのイメージ

 

 

評価用装置をご用意しております。

ご興味がある方は、触感発生評価用装置(Haptic Switch)の紹介ページをご覧ください。

アプリケーション

スイッチ・キーやタッチパネル液晶がついている製品 等

取得特許

青電舎方式SIAは2種類の国際特許を取得いたしました。

  • 名称:衝撃駆動型アクチュエータ
    国際公開 WO2010/023605
    PCT/JP2011/68769

  • 名称:触感提示装置
    国際公開 WO2010/023606
    PCT/JP2011/68770

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ