RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

E-mail Icon

画像
青電舎 触感発生評価用装置(Haptic Switch)

研究開発型のベンチャー会社

東京大学精密機械工学専攻の樋口研究室から生まれた研究開発型のベンチャー会社です。現在は主に触感デバイスSIAの事業化に向けた評価装置・デモ機の販売や、部品メーカとの共同開発に注力しています。

菱洋エレクトロはデバイスの事業化を推進し、様々なお客様へのご提案を行っています。

用途

スイッチ・キーやタッチパネル液晶などへの触感発生装置のスイッチ形の評価用装置

特徴

青電舎が開発した新方式のSIA※は、従来のSMA(形状記憶合金)を用いたアクチュエータの応答速度が、極めて遅いという欠点を解決いたしました。
また、お客様のお手元でSIAをご評価いただくための “静電式” と “感圧式” の2種類の評価用装置をご用意しております。

※ 形状記憶合金衝撃駆動型アクチュエータ SIA (Shape memory alloy Impact Actuator)

 

触感フィードバック静電スイッチ

「静電スイッチの使用感が飛躍する」

青電舎が開発した新方式のアクチュエータが音や光によるフィードバックに代わり指に直接届く刺激のある触感フィードバックを可能にしました。

  • 指にまでよく伝わる力強さ
  • 素早く立ち上がる動きのキレ
  • 3パターンの触感を搭載


この評価用装置をご購入希望のお客様は、
静電スイッチHAPTIC評価用装置<SHEVB01>とご指定ください。

 

感圧フィードバック疑似タクトスイッチ

「平面なのにスイッチが凹む触感」

タクトスイッチでもあるのか?!と錯覚する新技術。触感のみならず感圧センサーとして使える新方式アクチュエータのハイブリッド性を実現。
※ 感圧センサーを別途に設けていません

平面でありながらリアルなスイッチ感今までにない新スイッチへの驚きデザインの自由度と操作性を両立。
この評価用装置をご購入希望のお客様は、感圧センサーHAPTIC評価用装置<PHEVB01>とご指定ください。

 

HAPTIC 評価用駆動装置

SIADRV2CHは青電舎の新方式アクチュエータを駆動するための評価用装置です。

様々な場面で新アクチュエータを評価する必要がありますので共通の電源・パラメーターを提供する目的に作ったものです。

  • 2つのアクチュエータ接続
  • 外部トリガーによるアクチュエーター操作可能
  • 複数基板をカスケード接続により3つ以上のアクチュエータ操作も可能

 

この評価用装置をご購入希望のお客様は、HAPTIC評価用駆動装置<SIADRV2CH>とご指定ください。

 

抵抗膜タッチパネルHAPIC評価デモ機<RTPSH01>

 

RTPSH01は抵抗膜タッチパネルを感圧センサとして使用し、平面な液晶パネルが凹むような感触が得られます。

  • 液晶に表示されたボタンが凹むような感覚
  • HAPTICの強さを液晶に表示されたスライダックで調整できる
  • 新アクチュエータの取付け構造が簡単に示されている

この評価デモ機をご購入希望のお客様は、抵抗膜タッチパネルHAPTIC評価デモ機<RTPSH01>とご指定ください。

 

青電舎方式アクチュエータの特徴

  • 短い時間に大きな力を発揮
  • 持続時間が短く理想的な加速度を発生
  • 電池で動作可能な範囲の消費電力を実現

※ 青電舎方式アクチュエータの詳細は触感デバイスSIAの紹介ページをご覧ください。

 

 

 

アプリケーション

スイッチ・キーやタッチパネル液晶がついている製品 等々

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ