RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

E-mail Icon

画像
クラウドサービス

Empressと菱洋エレクトロが提供するIIoTソリューション

インダストリー4.0や、インダストリアルIoT(IIoT)などスマート工場化による工場内でのIoT活用が広がる中で、弊社はEmpress Software Japan社と連携し、近年最も注目されている通信プロトコル「OPC UA」をベースとしたプラットフォームなどIIoT向けソリューションをワンストップで提供しています。

IIoTに最適なクラウドサービスの提供

Empress IoT Data Questは、データのセキュリティとトレーサビリティを保証するために設計されたクラウド型のデバイス運用監視サービスです。Empress IoT Data Questは、Microsoft AzureのSaaSとして構築されます。非常に多彩な機能を提供します。

 

Empress IoT Data Questのクラウドスタック

Empress IoT Data QuestはMicrosoft Azure上に構築されたサービスです。中継器から連携されるデータをクラウドのゲートウェイサービスが受け取り、上位データベースとM2M Replicationで連携させたり、認証サービス、ファームウエア更新サービス、死活監視サービス、ダッシュボードサービスなどを提供します。

 

Empress IoT Data QuestのDashboard

Empress Data Questの画面イメージは以下の通りです。接続ステータスは死活監視を表示し、接続監視間隔(20秒)ごとに実行しています。

 

 

 

Empress IoT Data Questの機能

項目

機能

ゲートウェイサービス

中継器のデータベースと上位データベース間で双方向に連携されるトランザクション処理機能を有するM2Mレプリケーションサービスを提供します。上位データベースはOracle, SQL Database, DB2, MySQL, PostgreSQL, Hadoop, NoSQLなどに対応し、プロファイルの設定を変更するだけでプログラムなしで、データ連携を可能とします。

認証サービス

ユーザのダッシュボードから接続するデバイスのIDを登録後、認証サービスの受付が可能となります。デバイス内のEmpress IoT SDKは認証後初めて起動可能となりますので、デバイスのなりすましを防止できます。

死活監視サービス

IoTソリューションに接続されるデバイスの死活監視を提供します。

死活監視はダッシュボードからGUIで確認が可能です。

ファームウエア更新サービス

中継器のファームウエア更新サービスを提供します。古いファームウエアは一時的に回避し上で保存され、万が一、新しいファームウエアに不具合があった場合、古いファームウエアから起動することが可能です。中継器につながっているデバイスのファームウエア更新もWindows、Linuxであればオプションとして対応します。

ダッシュボードサービス

ユーザごとにダッシュボードサービスを提供します。ダッシュボードは死活監視の他、ファームウエア更新、デバイスのロック・再起動・削除・登録情報の変更、デバイスとSQL Databaseの接続情報の設定機能などを提供します。また、データのリアルタイム表示、データのグラフ化、故障の履歴表示などにも対応しています。

 

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ