RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

Windows Embedded 8.1 Industryは、一般に販売されているPCにインストールされているPCにインストールされているWindows 8.1 Proと同じものがベースになっています。

プラスWindowsの動作を抑制する機能、Lock down機能がついています。
Lock down機能を利用すれば、業務専用機器向けの機能実装が可能です。

 

Windows Embedded 8.1 Industry とは?

 

Lock down 機能解説

UWF ユニファイドライトフィルター

(ストレージメディアを保護するためのセクターベースのライトフィルター)

HDDやシリコンドライブへの書き込み動作をフィルターして初期設定保持。

 

USBフィルター

(信頼されたUSBデバイスのみがシステムに接続)

(3つの許可レベル設定可能)

ポートレベル、クラスレベル、デバイスレベル

 

ブレイクアウトモード

ハードウェアキーのみで管理者に Windows ログオン画面へのアクセス提供。

 

キーボードフィルター

ブレイクアウトモードが有効なとき、キーボードをフィルタ

 

Windows Embedded 8.1 Industry について、もっと詳しい内容・情報を知りたい方はこちら

 

関連リンク

マイクロソフト エンベデッドOSに関する情報は下記のリンクよりご覧いただけます。

> マイクロソフト エンベデッドOS > マイクロソフト エンベデッドOS 契約・購入方法
> マイクロソフト エンベデッドOS 用語集 > マイクロソフト エンベデッドOS 製品一覧
> マイクロソフト エンベデッドOS 技術情報 > マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded 製品が5分でわかる!
> Windows® Embedded Compact > マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded Server
> マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded Standard 7 > マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded 8.1 Industry
> マイクロソフト エンベデッドOS Windows 10 IoT Enterprise > マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded 8 Standard

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ