RYOYO_brandlogo_rgb

RYOYO_brandlogo_rgb

契約・購入方法

エンベデッド製品の契約、採用、製品出荷までの流れ

マイクロソフトEmbeddedラインセンスを購入するには、マイクロソフトとの基本契約の締結【用語集】が必要となります。(エンベデッド基本契約書)

 
Embeddedライセンス(出荷までの流れ)

まず、エンベデッド基本契約書を締結いただきます。エンベデッド基本契約を締結されましたら、OPK【用語集】等のご提供が可能です。

(Windows Embedded Standard(WES)やWindows Embedded Compact(WEC)は開発キットでのOS開発が必要となりますが、開発キット購入には基本契約の締結は必要ありません。)

その後、OSのマスターイメージを作成終了後COAラベル【用語集】のご注文を頂き、お客様への納品、契約規定に沿ったインストールを実施頂き、COAラベル添付の製品を出荷という流れとなります。

 

Windows® Embeddedライセンス概要

契約はマイクロソフトとの署名契約となります。 (菱洋エレクトロが仲介します)

COAラベル【用語集】の供給は発売開始後15年間となっております。
製品の複製(インストール)はお客様、お客様の委託先にて可能です。
OS+専用アプリケーションソフトを製品にプレインストール後の出荷が原則の使用条件となります。
菱洋エレクトロからの納入品はCOAラベルとなります。製品に貼付が原則となります。
製品によって異なりますが、ご発注単位は10ライセンスが最小単位となります。

 

マスターキット【用語集】は製品にて異なります。
WES、WECは開発キットのご購入が必要となります。
その他のDesk Top OS【用語集】OPK【用語集】を無償貸与致します。

OS言語 エンベデッド製品は言語選択が自由となっておりMUI【用語集】にて多言語の対応が可能となっております。

 

お問い合わせ先

菱洋エレクトロ株式会社はマイクロソフトEmbedded製品正規代理店です。

菱洋エレクトロ株式会社
IoT事業本部  IoT営業第1ビジネスユニット
TEL:03-3546-5015
FAX:03-3543-2212

 

関連リンク

マイクロソフト エンベデッドOSに関する情報は下記のリンクよりご覧いただけます。

> マイクロソフト エンベデッドOS > マイクロソフト エンベデッドOS 契約・購入方法
> マイクロソフト エンベデッドOS 用語集 > マイクロソフト エンベデッドOS 製品一覧
> マイクロソフト エンベデッドOS 技術情報 > マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded 製品が5分でわかる!
> Windows® Embedded Compact > マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded Server
> マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded Standard 7 > マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded 8.1 Industry
> マイクロソフト エンベデッドOS Windows 10 IoT Enterprise > マイクロソフト エンベデッドOS Windows Embedded 8 Standard

CONTACT

ご依頼・ご相談など、お問い合わせは、
下記フォームからお願いいたします。

お問い合わせ