ソリューション
QX-C300シリーズのホワイトペーパーをダウンロードいただけます。

 

シャープ製無線LANアクセスポイント製品に関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ

シャープ製無線LANアクセスポイント<QX-C300シリーズ>
屋外設置について 
直射日光があたる場所での設置
屋外アクセスポイント 

※1  ケーブル接合部は適切な防水処理をお願い致します。

※2  アクセスポイントを下向きに設置したときに裏側に直射日光があたる場所では、
       背面に日よけ(金属以外)を設置下さい。

       日よけからの熱が、同梱の取付板を含む本体側に伝わらない様ご注意ください。

設置時のご注意

  • シャープ純正のオプション製品以外は、当社の保証対象外です。各製造販売元の保証内容に従ってください。
  • 工事の方法や、装着あるいは接続する製品の異常が原因となる故障についても当社の保証対象外となりますので施工にあたっては、十分にご留意ください。
  • アクセスポイントやアンテナには塗装を行わないでください。塗料の性質により電波環境に影響を及ぼすことがあるほか、強度劣化や放熱の効率悪化となり故障の原因となります。(塗装による故障は保証が無効となります)

【避雷器】
外部アンテナと本体の間にアンテナ用避雷器を設置ください。電波法上、合計損失は5.3GHz帯(W53)および5.6GHz帯(W56)において、0~6dbとする必要があります。
また、その他の部品を取り付けないでください。電波法違反となる恐れがあります。

 

【ソーラーシールド】

本体の表側(SHARPロゴ側)に直射日光が当たる場合は、ソーラーシールドを装着をお勧めします。
尚、天井吊り状態、若しくは、本体の表側(SHARPロゴ側)を太陽の反対側に向ける場合は、装着の必要はありません。

屋外用電源装置の設置

本製品を屋外に設置する場合、屋外用電源装置を別途ご用意ください。

 ACアダプター「QB-D300」(別売)は屋内専用設計ですので、屋外ではご使用できません。

 

  • シャープ純正のオプション製品以外は、当社の保証対象外です。各製造販売元の保証内容に従ってください。
  • 工事の方法や、装着あるいは接続する製品の異常が原因となる故障についても当社の保証対象外となりますので施工にあたっては、十分にご留意ください。
  • アクセスポイントやアンテナには塗装を行わないでください。塗料の性質により電波環境に影響を及ぼすことがあるほか、強度劣化や放熱の効率悪化となり故障の原因となります。(塗装による故障は保証が無効となります)

屋外用電源装置

本体取付プレート/取付スペーサーとの電蝕発生防止について

下記部品の材質はSUS304です。

電蝕(電気的腐食)の発生を防止するために、下記部品を、又は下記部品に締結するビスや部材はステンレス製を使用頂く事を推奨致します。(特に、雨に濡れる屋外等に設置する場合はご注意ください。)

 本体取付プレート
(QX-C300に同梱)
<材質:SUS304>
 取付スペーサー
(QX-C300に同梱)
<材質:SUS304>
本体取付スペーサー
(QB-B300に同梱)
<材質:SUS304> 
   
塩害/腐食性ガスが懸念される場所での設置
寒冷地での設置

屋外アクセスポイント

 塩害 / 腐食性ガスが懸念される場所  海辺などの塩害地域や温泉地等の腐食性ガスの発生しやすい場所では
 耐候ボックスに入れて設置してください。
 寒冷地での設置  最低気温が-20℃以下となる場所では、ヒーターを併用した
 耐候ボックスをご使用ください。
防水処理(市販品を使用)

本製品を水にぬれる可能性のある屋内、または屋外に設置する場合、次のように防水処理を行ってください。(詳しくは、取扱説明書をご覧ください。)

 

  • 市販品の防水テープを別途ご用意いただき、接合部の防水処理を行ってください。
  • 防水処理が正しく行われていないと、水の侵入により本体が故障する恐れがあります。
  • 防水テープは、巻き付ける箇所のほこりや汚れを取り除き、空気を含まないよう巻き付け、指でしっかりと押さえて融着してください。
 <本体LANポートとLANケーブル接合部の場合>  <本体接合部や未使用端子部の防水処理>

 

※ 未使用LANポートやその他、接合部については、

     取扱説明書をご覧の上、防水処理を正しく行っ
     てください。 

 屋外アクセスポイント

防水キャップ

 

端子部保護のため、使用しない端子がある場合に防水キャップを取り付けてください 。

ページトップヘ