ソフトウェア
「半導体/デバイス」「ICT/ソリューション」で培ったノウハウを生かし、IoT/M2Mの仕組みを用いて、お客様にとって最適な働き方を提案いたします。
マルチベンダ環境下で起こる様々な問題をクリアするデスクトップサービスなら、お客様に最適な解決法とサポートをご提供することができます。
 

マイクロソフト エンベデッドOSに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ

Windows 10 IoT Enterprise

 
Windows 10 IoT は、IoT/M2MデバイスのためのWindows 10です。
Windows 10のすべてを持ちながら、IoT/M2Mデバイス、組込みデバイスのニーズに合った
Lock down機能を使って、より付加価値の高いデバイスを準備することができます。
What’s New ! Windows 10 IoT
  • より使いやすく
    高速起動、スタートメニュー復活、2つのユーザーインターフェース(デスクトップモードとタブレットモード)、画面分割 and more…

  • One Windows
    PC、タブレット、Phoneなど共通のユーザーインターフェース、共通のアプリ、ドライバの開発、利用が可能です。

  • セキュリティ強化
    顔認証、交際認証、指紋認証などとパスワードなどの従来の管理を融合して強固なセキュリティを実現。
Windows 10 IoT
Windows 10 IoT
Windows 10 IoT Enterprise
Windows 10 IoT Enterprise
Lock down 機能解説
UWF ユニファイドライトフィルター
(ストレージメディアを保護するためのセクターベースのライトフィルター)
  HDDやシリコンドライブへの書き込み動作をフィルターして初期設定保持。
     
USBフィルター
(信頼されたUSBデバイスのみがシステムに接続)
(3つの許可レベル設定可能。グループポリシーで許可レベル、範囲設定が可能)
  ポートレベル、クラスレベル、デバイスレベル
     

アサインドアクセス
  ロックダウン機能とストアアプリを使用して、ユーザーログイン後、ひとつのストアアプリを直接起動、使用が可能。
     

Shell Launcher

(単一のWin32アプリをカスタムシェルで提供可能)

(ユーザーグループごとに異なるシェルを提供可能)

  ユーザーの利用範囲に応じた設定や、管理者用設定などがフレキシブルに設定できます。

 

Lock down機能は上記以外にも多数ご用意しています。
またWindows 10のセキュリティ機能と組み合わせて様々な組み込み機器のニーズに対応可能です。

Windows 10 IoT Enterprise ライセンス

Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB / CBBは、組み込み機器のCPUに応じたライセンス価格体系をご用意。
それぞれのライセンスをご購入いただき、対応したプロダクトキーをご利用ください。

 

Windows 10 IoT Enterprise ライセンス
2015年リリース時から提供されているWindows 10 IoT Enterprise 2015 LTSBのデバイスごとのライセンス体系は2017年7月末に供給終了です。詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください。
このメーカーの取り扱い製品
ページトップヘ