ソフトウェア
「半導体/デバイス」「ICT/ソリューション」で培ったノウハウを生かし、IoT/M2Mの仕組みを用いて、お客様にとって最適な働き方を提案いたします。
マルチベンダ環境下で起こる様々な問題をクリアするデスクトップサービスなら、お客様に最適な解決法とサポートをご提供することができます。
 

マイクロソフト エンベデッドOSに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ

Windows Embedded 8.1 Industry

 

Windows Embedded 8.1 Industryは、一般に販売されているPCにインストールされている

PTにインストールされているWindows 8.1 Proと同じものがベースになっています。

プラスWindowsの動作を抑制する機能、Lock down機能がついています。

Lock down機能を利用すれば、業務専用機器向けの機能実装が可能です。

Windows Embedded 8.1 Industry とは?
Windows Embedded 8.1Industry
Lock down 機能実装例
  • デスクトップ画面を使わずに、Windows起動直後に必要なアプリケーションを実行できます。
  • HDDやSSDへの書き込みを抑制し、起動時は常に同じ設定にすることができます。
  • USB接続を禁止して、USBメモリによるプログラムやデータの書き込み、あるいはデータの持ち出しが
    できないように設定できます。
    また、制限を書き込み、書き出しだけにすれば、マウスやキーボードなどUSB接続の利用は可能です。
  •  ログインユーザーに応じて、起動するアプリケーションソフトを指定可能です。
    (ストアアプリを使った設定が必要です)
Lock down 機能解説
UWF ユニファイドライトフィルター
(ストレージメディアを保護するためのセクターベースのライトフィルター)
  HDDやシリコンドライブへの書き込み動作をフィルターして初期設定保持。
     
USBフィルター
(信頼されたUSBデバイスのみがシステムに接続)
(3つの許可レベル設定可能)
  ポートレベル、クラスレベル、デバイスレベル
     

ブレイクアウトモード
  ハードウェアキーのみで管理者に Windows ログオン画面へのアクセス提供。
     

キーボードフィルター

  ブレイクアウトモードが有効なとき、キーボードをフィルタ

このメーカーの取り扱い製品
ページトップヘ