菱洋エレクトロ株式会社

Change, Challenge, Speed









ホーム > 製品・ソリューション > サーバー/パソコン > サーバー > ヒューレット・パッカード Integrityサーバー

製品・ソリューション








サーバー/パソコン
取り敢えず仮想化導入してみたが、、、
こんなことで悩んだことはないですか?
マルチベンダ環境下で起こる様々な問題をクリアするデスクトップサービスなら、お客様に最適な解決法とサポートをご提供することができます。
 

ヒューレット・パッカードに関するお問い合わせはこちら。

お問い合わせ

ヒューレット・パッカード Integrityサーバー

Premier Business Partner
hp
EVERYBODY ON
seamless, secure, context-aware experiences for a connected world
HPは、『つながっている世界』にふさわしい、途切れることのない、安全で、状況に最適化されたエクスペリエンス(ユーザー体験)を提供します。HPをご存知ですか?
世界170カ国以上の国で10億人以上のお客様に製品を提供してます。
世界中で約32万4600人の社員が働いてます。
世界で1週間に100万台以上のプリンターを出荷してます。
世界で年間PCの出荷台数は4800万台です。
世界に出荷されるサーバーの3分の1がHP製です。

菱洋エレクトロは、ヒューレット・パッカード製UNIX/Windowsコンピュータ機器、各種周辺機器、ネットワーク機器、大判プリンターの販売特約店として、製品をお届けするだけでなく、お客様のニーズに合わせたトータルソリューションでお応えいたします。

 

メーカーホームページへ

「持続的成長システム」の実現のために ~HPのミッションクリティカル新戦略~ 

国内サーバー市場は、昨年を境に市場の成熟化が進み、大きな転換期に差し掛かっています。

多くのお客様のシステムにおいて、メインフレームのオープン化や様々な業務のIT化が一巡し、既存システムの更新や既存システムの維持管理コストの低減などに着目し始めています。

HPはそうした新しい時代に合わせ、本当にお客様が望んでいる“長く使える”「持続的成長システム」をご提供します。

 

下図(x86系を含むWindows/Linux/UNIXのオープン系サーバーの市場予測)のとおり、国内サーバー市場は2012年を境に市場の成熟化が進み、大きな転換期に差し掛かっています。

HP-UXのビジネスは大きく成長をしているものの(HP、国内UNIXサーバーで11年連続シェアNo.1達成)、多くのユーザーのシステムにおいて、メインフレームのオープン化や様々な業務のIT化が一巡し、既存システムの更新や既存システムの維持管理コストの低減などに着目し始めています。

国内サーバー出荷金額予測
適材適所のOS選択、UNIXが選ばれるのにはワケがあります

システムの用途によって適したインフラは異なります。そのシステムの初期導入コストで判断するのではなく、導入後の運用コストとダウンタイムによる機会損失コストなどの障害時のリスクを考慮し、選択することが重要です。システムの適材適所を見極めてベストな選択することが、本当の意味での初期導入コストや運用コストの削減につながります。

HP-UXが選ばれるワケ
  • 販売開始から最低10年の一貫したサポートを提供
  • ダウンタイムによる機会損失のコストを軽減する圧倒的に高い信頼性
  • 万が一の障害発生時にも原因特定が容易
  • セキュリティパッチの数が少なく、パッチ適用によるダウンタイムを最小化することが可能
  • さらなるバージョンアップにより、今後の進化を約束
高い信頼性の実績と先進性を誇るオペレーティング環境
国内UNIXサーバー市場において9年連続シェアNo.1を誇るHP-UXは、真のミッションクリティカル向けOSとして、長年にわたり信頼性へのニーズに応え続けることで、実績と高い評価を積み上げています。HP-UXは信頼性への設計思想にこだわり続け、導入されたお客様からの貴重なフィードバックをもとに常に機能の強化を取り組み、今も進化し続けています。ここには、実績があるからこその真の価値があるのです。

HPが創る、ミッションクリティカルの次の10年

国内サーバー市場は、2012年を境に市場の成熟化が進み、大きな転換期に差し掛かっています。

多くのユーザーのシステムにおいて、メインフレームのオープン化や様々な業務のIT化が一巡し、既存システムの更新や既存システムの維持管理コストの低減などに着目し始めています。

 

これまでの多くのオープン系システムでは、更なるTCOの削減を目指して新技術を導入しようとした場合、利用中のシステムを「捨てて」、新技術が利用可能な新システムに「乗り換える」といった、スクラップ&ビルドを行う必要がありました。

しかし、この方法では既存のプラットフォーム上で稼働する多くのアプリケーションが、新しいプラットフォーム上で正しく動作するかどうかを再テストする必要が出てきます。

 

ミッションクリティカルシステムの場合、アプリケーションの再テストは非常に工数や時間をかけ、十分に確認を行う必要があります。

そういった理由から、多くのミッションクリティカル システムでは、いわゆる「塩漬け」といった、新機能の導入よりも安定稼働を優先したアプローチをとることが多くあったのです。

しかし、こういった「塩漬け的長期間利用」は、新機能の 導入ができず、それにより維持コスト削減や高パフォーマンスの恩恵を受けることができません。

さらには、保守コストも増える場合があります。

「納得」いただける価格で「価値」ある高信頼性を提供   HP Integrity QuickValue
最新のインテル® Itanium® プロセッサー 9300番台搭載したHP Integrityサーバーと、主要なコンポーネントを最適に組み合わせたパッケージ製品 ── それがHP Integrity QuickValueです。ユーザーの規模を問わず、アプリケーションサーバーからデータベースサーバーまで幅広い用途に対して、「納得」いただける価格で、「価値」ある高信頼なサーバーを提供します。
このメーカーの取り扱い製品
ページトップヘ